マンション経営を上手に運営するテクニックを披露!

このエントリーをはてなブックマークに追加

対策方法

レディ

個人に貸し出すサービス

転勤で空き家になった個人の住宅やマンションを、別の個人に貸し出すサービスがリロケーションです。マイホームを買ったばかりなのに転勤が決まったとき、リロケーションを利用すれば家を手放さずに済みます。また家賃の収入も得られるので、空き家のために住宅ローンを支払うといった無駄を避けられます。個人で借主を見つけて契約を結ぶことも可能ですが、法的な契約の知識がないと、後々トラブルになりかねません。そこで一般には、専門の不動産会社に仲介を依頼することになります。リロケーション会社は仲介だけをする場合や、貸主の代理人として借主と契約する場合、貸主から物件を借り上げて入居者に又貸しする場合など、いろいろな契約形式があります。

確実な明け渡しを

一般の賃貸住宅では、借主の立場が法律で強く保護されていて、貸主から強制的に契約を解除することはできません。そのため契約期間が終わっても、入居者が居座る恐れがありました。しかし2000年からは定期借家権が認められ、一定期間が過ぎれば退去を求められるようになりました。この制度を利用すれば、転勤が終わって戻ってきたとき、確実に明け渡してもらうことができます。反対に転勤期間が延びた場合には、新たな借主を見つける必要があります。また貸出中の家屋のメンテナンスや、入居者とのトラブルの対応など、やるべきことは少なくありません。専門のリロケーション会社であれば、こうした管理をすべて任せられるため人気があります。